ネットで誹謗中傷を受けたらどうすればいいか

インターネットは日本人で1億近くの人達が利用しており、ほとんどの人が利用しているというのは間違いでないと思われます。インターネットは便利なツールであることは間違いないです。ただ、便利になった一方で弊害も起こっており、様々なトラブルに巻き込まれるケースをよく見聞きしています。その中で一番深刻なのは誹謗中傷になります。差別的な言葉、デマ、中傷など様々な例があります。インターネットはすぐに広がってしまうので個人で対策を講じるのは難しいです。それでも何もしないわけにはいかないので、しっかり誹謗中傷に立ち向かう必要があります。それでは何をするべきかというと一番は警察に頼るべきです。警察に対処してもらう際は告訴する事が大事です。告訴をすると動かざるを得ないので捜査がしっかり行われるので確実な方法を選ぶようにしてください。また、弁護士も良い手です。お金は必要ですがしっかり対応してくれるので解決できる可能性が高いです。

ネットで誹謗中傷を抑えるには安易に書きこまない

ネットの世界では匿名でいろんなことを好きなように書きこめることにあります。そのため本名を名乗らないで済むのがメリットであると同時にデメリットとして誹謗中傷の温床となります。それは日本だけでなく世界中の現象でありますが、一度自分がその対象として狙われてしまうと毎日が苦痛の日々を暮らさざるを得なくなります。それにはいろんな対策がありますが、いずれにしても警察は犯罪事件になってはじめて動き出しますからほとんど当てになりません。ならば自衛をするしかありません。そのためには普段からおとなしくしておく必要があります。その具体的対策の1つは安易にインターネット上に書き込まないことであります。安易に書きこんだらそれが炎上のネタになってしまうからです。特に某巨大掲示板やまとめブログなどアクセスの多いサイトなどへの書き込みは厳禁であります。またドメインを使用しての個人サイト開設も下手をすると誹謗中傷の対象になりかねません。ドメインを逆利用されて個人情報を暴かれる事例が発生しているからです。とにかく目立ちすぎる書き込みやサイト開設などをしないことが大切となります。

ネット上の誹謗中傷について

インターネット上では、しばしば個人や団体をターゲットとした誹謗中傷がおこります。それは、相手の顔が自分に見えないからであり、また自分の顔が相手には見えないため「やり逃げ」が容易にできてしまうからです。ネット上で誹謗中傷を見つけた場合、採ることのできる対策は大体次のようになります。①無視する:ネット上で暴れている人の中には、「構って欲しくて」他人をけなしている人も大勢います。ここで、削除依頼を出しても負けじと再投稿や拡散をしてくるでしょう。間違っても相手に反論したりしないでください。②削除依頼をする:多くの掲示板は「削除ガイドライン」という削除の基準を示しています。これに触れる内容が投稿されていることを管理人に知らせましょう。ブログのコメント欄の場合も同様です。③警察に通報する:交番に行ってもいいですし、それが恥ずかしければ警察のHPに通報専用のページがありますので、そこから通報しましょう。④訴訟をする:内容次第では慰謝料を請求できる場合もあります。詳細は専門家にご相談ください。ご自身に法律/裁判の知識がある場合には本人のみで訴訟を起こすことも可能です。インターネットをするにあたって誹謗中傷はもはや避けては通れない問題です。上手く対処して、ネット社会を生き抜いてくださいね。

風評監視サービスで、いつでも風評被害に対抗できる状態を持ちましょう。 Webリスク対策ならお任せください。 シエンプレは、Webのブランド力を守るサービスを行っています。 掲示板に悪評を書き込まれた、ブログで嫌がらせを受けたなどございましたら、まずはご相談ください。 当社のWebリスク対策に対する各サービスのご利用料金についてはお気軽にお問い合わせください。 誹謗中傷対策のプロはシエンプレ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)