インターネットによる誹謗中傷を避けるためには

インターネットは大変便利です。世界中の人と友達になることが出来ますので、視野が広がりますし、言語の勉強にもなります。しかし、自分が載せたブログなどに対して、見ず知らずの人から誹謗中傷の攻撃を受けることがあります。しかも、インターネットのコンピューターの中だけにとどまらず、住所を調べて家まで嫌がらせに来る場合があります。そうなると、自分だけではなく家族にも迷惑がかかってしまいます。それで、インターネットでの誹謗中傷を避けるためには、個人情報はあまり載せないようにするのが賢明でしょう。例えばブログに写真を掲載する時には、自分が住んでいる家が特定されないようにしたり、通っている学校やアルバイト先も特定されないようにしましょう。しかし、もし誹謗中傷の被害が収まらないようであれば、警察に相談しましょう。

掲示板による誹謗中傷について

インターネットが普及してから、必要な情報を容易に取り入れることが可能となりました。しかし、どうしてもピンポイントで必要な情報が入手できないときに、掲示板などを通して質問することがあります。わたしは過去に掲示板で料理に関する質問をしたことがあるのですが、返ってきた返信内容に驚きが隠せませんでした。というのも「そんなこともわからないのか」「どんだけ情弱なんだよ」などなど、誹謗中傷の嵐だったからです。こちらが何気なく質問したことでも、彼らから言わせればただただ面倒なだけだったのかもしれません。後で学んだことですが、掲示板の上部にテンプレート的な書き込みがあり、それを読まずに投稿したことが原因だったようです。誹謗中傷が飛び交うインターネット内ですが、もし自らが中傷的なコメントを受けた場合、一度冷静になって原因を考えることも大切かもしれません。

誹謗中傷対策が課題になっている

今のネット社会で課題といわれているのが、誹謗中傷対策です。ネットは比較的自由に書き込みができるので、誹謗中傷といったような書き込みもかなりあります。そして、そのような書き込みによって、個人や企業が信用を無くすといったことや、気分を害するといったケースも多くなっているのです。今はネットの利用者が爆発的に増えているといったこともあって、そのエア協力といったものは、書き込みをした人の予想をはるかに超えてしまうといったこともあります。原状では、書き込みをしたデータの削除をするかどうかは、書き込みをした本人とサイトの管理会社に任されていて、特に基準や規定といったものはないといった状態です。ですから、今後はこの状態をどうやって変えていくのかといったことが課題となってきているのです。これには、個人のプライバシーの問題もかかわってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です